日記 2021年12?page=3月 3ページ目 | 仙台市 若林区周辺の不動産をお探しなら株式会社山善にお任せ下さい。

仙台市若林区の不動産なら株式会社山善|不動産情報満載!

営業時間9:00~18:00(第1・3・5土曜日9:00~17:00)

日記

DIARY

位置指定道路は、所有者がいて、水道工事など道路掘削の必要があった場合、許可の覚書などの書類へ所有者全員の署名押印がないとダメというのが水道局のスタンスです。

さらに、所有者は登記簿で分かりますが、相続があって今は誰かわからない、ということも。

これでは、街の発展や土地の有効利用が出来なくなるということから、掘削や通行許可などは必要としない方がよいと個人的には思っています。

また、私道なので、「道路の土地は俺のだ」と勝手に通せんぼしたり、物を置いたりする人がいるのですが、あれはダメです。位置指定道路であれば税金かかっていません。道路ですから。

いろいろあるので、分からない時は不動産屋さんとか土地家屋調査士さんに聞きましょう。

投稿日:2021/12/15投稿者:髙橋 俊二

道路って言ってもいろいろあります。

仙台市に多い、位置指定道路。まあ、普通の人は私道なんていうところが位置指定道路の確率が高いです。

ただ、この道路は建築基準法上、道路と認められているので建物を建てることが可能です(土地の条件は別)

土地の所有者は行政ではなく、個人です。

相続忘れが多くあります。ですので、この私道の制度は、仙台市はなくして全て市道にしてほしい。

道路幅員など形状の問題や予算の問題や権利などありますが、市道となることの方が大きい。

それは次回に。

投稿日:2021/12/14投稿者:髙橋 俊二

不動産取得にあたって、気を付けなければならない重要なこと、そう道路です。

その土地が道路に接しているかいないか、接している長さがどれくらいか、が非常に大事になります。

もし、接していなければ土地の価値は明らかに下がります。

また、道路が行政所有管理のもの(例:市道)か私人所有のもの(例:位置指定道路)とかでも土地の価値が異なります。

投稿日:2021/12/13投稿者:髙橋 俊二

用途地域、これ売買だけでなく賃貸も関係あります。

関係あるのは基本的にテナント物件。

営業するのにその用途地域の場所ではダメってことあります。

なので、うちではお客様に物件情報をお持ち頂いて、行政に確認をして頂きます。

よくあるのがもともと自動車販売店さんが営業していて、同じ業種なら大丈夫か、と思っていたらじつはダメな場所だった、みたいな。

これ、あるあるです。

投稿日:2021/12/10投稿者:髙橋 俊二

電子帳簿保存法

これ、小規模事業者にはかなり面倒くさい。

私を含めた上の年齢の事業者には難しいでしょ(泣)

ただでさえ、厳しい状況になっているのに。


こんなこと国民にやらせようとするのに使途不明金の文通費がまかり通る世の中なんて。

文通費って勘定科目だとすると何に使用するかは明白だし、領収書必要でしょ(怒)


政治家にも国にも違和感しかない。

投稿日:2021/12/09投稿者:髙橋 俊二